Tableau Prepで複数のExcelファイルのデータをユニオンする方法 ー項目名がちょっと違っても大丈夫だよー

今回も、Tableauのデータ結合、ユニオンを取り上げたいと思います。
前回取り上げた、「年度毎にExcelシートの列が違う! と困っているあなたへの贈り物 Tableau desktopでデータをくっつけるやり方」では、複数のシートのデータをくっつけて使う”ユニオン”について取り上げました。項目の順番がバラバラでも、”ユニオン”でデータをくっつけると、自動的に項目名を判断してくっつけてくれます。

実はこの”ユニオン”、Tableau Desktopで行うと、Excelが複数のファイルになっている場合、異なるファイルをユニオンすることができません。しかし、Tableau Prepを使うと、Excelが複数のファイルになっていても大丈夫です。
また、Prepを使うと手動で項目をくっつけることもできます。一致していない項目をリストにして表示してくれるのですが、その中から一つ選ぶと、くっつける候補を提示してくれたりもします。
動画にしてみましたので、ぜひご覧下さい。
https://youtu.be/bphEwe5Qa_8

データ整形、地味に大変ですよね、IRをやる時に重要なだけに、悩み所でもあります。ということで、データ整形について、すこし続けて取り上げてみようかな、と思っていたりします。

お役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。