ファイルがフォルダ別に保存されていて、データ結合するの面倒! と困っているあなたへ Tableau Prepでフォルダが異なるデータをくっつけるやり方

データの整形シリーズです。データを管理する際に、フォルダを分けてExcelなどのデータを管理しているところも少なくないのではと思います。IRでデータを使う場合、フォルダ別のデータをくっつけるという作業が必要になってきます。データが少なければ手作業でコピペするのもよいですが、コピペはミスの元、そして、コピペのミスは気づくのが難しかったり、間違いを探して修正するのが大変だったりします。そして、コピペは、何より作業する「ミスしたらどうしよう…」という人の心的負担が意外に高い作業となると思っています。


ちなみに、和嶋は集中力が無いせいか、コピペの作業はかなりの確率で何らかのミスをしてしまいます…。周りの皆様、申し訳ございません。

というわけで、データ結合のコピペミスをしないために、Tableau Prepを使うという手があります。Tableau Prepでは、フォルダが別のファイルでも簡単にくっつけてくれて、とても便利です。

今回紹介するTableau Prepの機能ですが、データを置いた時に表示される「表」タブの「複数のテーブルをユニオン」を使います。データを探すフォルダ、シート名の指定で、*マークを使うなどちょっとコツが要りますが、割と簡単にファイルの指定(検索)ができて、一気にデータを結合することができます。
動画にしてみましたので、ぜひご覧下さい。

コピペしなくてよいし、新しいファイルも同じようにフォルダに保存しちゃえば、Prepで自動的に処理が走るし、集中力や整理力がない和嶋には持ってこいの機能でした。

お役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。